FC2ブログ
2021/01/03

JOGさん防寒対策

今まで冬季は冬グローブだけで寒さは何とかなっていました。
昨冬は暖冬で特に寒くも何ともなかったのが、今冬は12月半ばの寒波来襲の時に朝の通勤時に手が冷たいのを通り越して指が痛い!
バイク通勤5~6分なのに指先どころか手のひら以外の指全部が取れそうなくらい痛冷たい( ;∀;)

巷で見かけるハンドルカバーを買ってみようかとバイク用品店巡りをして商品を物色したり、ハンドルカバーをつけて走ってるその辺のバイクをガン見したり。
信号で停まってるとこを「やっぱりハンドルカバー暖かい?」なんてオーナーさんに聞いてみたくてウズウズしたり。

ネットショッピングの商品レビューも「暖かい」や「もっと早くつければよかった」等のコメントがちらほら。
ハンドルカバーをつければグローブは夏用の薄っすいやつでよいらしいではないか。

ところがそこでまた悩んだ。
薄っすいやつでよいとなると今まで使ってた冬用グローブの出番がなくなってしまう。
セロー乗る時はハンドガードだから冬グローブを使うけど、セローは時々しか乗らない。

ということで、中華の怪しいスクーター用ハンドガードを買ってみた。
送料込みでも2000円しない。ポイント使って1400円ほどで購入。

IMG_20201229_163313724_MP-1.jpg

後で知ったのだが、こいつはデイトナのパチもんらしい。

IMG_20201229_163339702_MP-1.jpg

ネジ類は工具箱にあった余りもんを使いました。
「風超」の文字が怪しさ満点。
ガード自体も細かい擦り傷やバリがあるものの、安いから許せてしまう。

IMG_20210103_151719660_MP-1.jpg

ついでにレバーにスポンジっぽいレバーグリップなるものを装着。
こいつもグローブの指が引っ掛かりそうで今まで敬遠していたアイテム。
ちょっと厚みがありプニプニしてるけど使い心地は悪くないです。


試走結果・・・手に風が当たらないので全く寒くありません。快適です。
誰かのレビューの通りです、もっと早くつければよかった。
これで明日からの通勤が快適になるでしょう。手以外の部分(足元とか)の冷えが気になるようになりましたが。

この中華ガード、材質がPVCプラスチックとの事で、ぶつけたり引っ掛けたら簡単に割れそうです。
ま、本家の商品の1/10ほどの価格だから1~2年もてばいいかと思っています。
割れたら本家のバイザー本体を買うかな~。1万円弱するけどABS素材やポリカでできてるからね(白・黒・スモーク・クリアー等あるし)。

2020/10/18

キャラバンぶつけました

9月中旬のできごと

1年ぶりに須坂にぶどうを買いにキャラバンで出かけて、道中の碓氷軽井沢ICランプでタイヤが流れてガードレールに左側をHIT

左の角から突っ込んだのでドアのヒンジが曲がって開け閉めができなくなり、その後雨に降られて指が出る程開いた隙間から雨がはいってくるわで散々なお出かけになりました( ;∀;)

幸い車の足回りのダメージは無く帰宅はできたものの、乗車中のふたりの首がムチウチに・・・
ムチウチって普段の首コリや肩こり頭痛と違って地味に痛むのね。

高速道路のガードレール支柱も曲げたので警察とNEXCOさんと料金所裏の駐車場でアレコレやりとりして自損事故扱いにします。

20200922 001-1

駐車中にドアの隙間から雨が入らないようにテープを留めてます。

20200922 002-1

ぶつけた時に破損したライトバルブと透明テープを軽井沢のホームセンターで調達し、固定。
山の中じゃなくてよかった。

20200922 003-1

スライドドアは傷もそんなでもないし、開け閉めは大丈夫でした。後ろの方はベコベコです。


車の時価額よりも修理代がかかりそうなのがパッと見でわかりますね~
ダンナは買い替えになるのかとショックで落ち込んでました。でももう今更年式も古いし、前側だけ直して後ろの傷はそのままでもいいんじゃない?と私は楽観的です。


Googleさんで地元の板金業者を検索します。幸い、家からすぐにありました。
中古部品を使って安く直してくれる事になりました。


20201018 001-1

20201018 002-1

ウチの車は全体的に傷だらけなんで傷ありの中古部品使っても目立ちませんし、違和感なし。
ドアは交換ですがスライドドアと後ろパネルのシルバー部分は板金塗装。塗装した部分がきれいすぎて他が汚いから直したのがわかるかも。

ディーラーの半額くらいで直せてよかったです。

しかし、なんであんな何てことない所で滑ったんだろう?とGoogleマップを見てみる。



この進行方向で画像中央付近で流れた



反対車線から見る。逆バンク気味なのかなーと思ったけどそうでもないような。ただ、下りカーブにはなっている



回り込んだカーブ。画像が傾いてるような。こんなに傾斜ない(と思う)。



本線降りてからカーブまでそんなに距離がなうえに「左方屈折あり」の標識。慌てて降りたから見落としたか。



因みに小諸方面からの出口標識。こちらはカーブがゆるやか故、「左方屈曲あり」の標識。
こうしてみると屈折ってさらに注意しないといけなかった。

進入がちょっとオーバースピードだったのと、後ろタイヤが山は残っているけどかなり減ってたのでそれも一因かもしれん。
治療が落ち着いたら交換するつもり。

秋の予定が(金銭的に)いろいろぶっ飛びましたが、この事故がバイクでじゃなくてよかった。