2008/06/28

温泉旅行-その3草津温泉

翌朝、朝食前に宿の近くにある温泉まんじゅう屋に行ってきました。
何と朝7時から営業している・・・店内を覗くと出来立てのおまんじゅうをいただきました。
餡子が熱々で皮がもっちり。しきりに観光客に配っていた某まんじゅう店のよりもはるかに美味しかったです。
朝食食べる前に甘いもの食べて、果たして大丈夫なのか!?

あさごはん

宿に戻るとご飯の時間。
朝からまた具沢山な・・・2品くらい少なくてもいいくらい。
とか何とか言ってご飯はしっかり2杯食べましたけど(爆
伯母ふたりはやっぱり納豆はイマイチだったようです。納豆は私の元に来ました(^^;)

食後の珈琲

食後に珈琲が出ました(パン食じゃないんだけど)。最近胃の具合が良く、珈琲を好んで飲んでいるので舌が肥えてきた私。とはいえ、オコチャマなのでミルクと砂糖は入れます。
お砂糖が小さな金平糖みたいでかわいかった。

さて、今日は夕方帰るまでの間に土産を買って街中を少し散策して西の河原の露天風呂に入るプランになりました。
チェックアウトしてから夕方帰るまでの間、荷物を預かってくれるのがありがたい。
土産は、私が買ってきた温泉まんじゅう屋でみんなも買うことに。
他にもまんじゅう屋はたくさんあるけれど、ココは地元の人らも美味しいとの事。
まあ、草津の土産ってまんじゅうくらいしかないんですけどね。とりあえずそれぞれの土産の買い物はあっけなく終了。

まんじゅうを宿に置きに行って、湯畑方面へ。
土曜日とあって朝から観光客がいっぱい(私らもそうだが)。とりあえず共同湯の足湯へ行ってみました。

昼間の湯畑

すっきりとした青空が広がっています。結構暑いかも。
湯畑のお湯がエメラルドグリーンで綺麗です。緑のは苔で、酸性の温泉で生きる変わった苔らしいです。
プラプラ先に進みたいのに、後ろの方で写真撮るよ!って呼び戻される。集合写真を撮るにもカメラが3台あるから一度撮りだすと中々開放されない(^^;)
モタモタしてるといつまでたっても先に進めないのでサッサと先に歩いて行きます。
路地曲がる時だけ見失われないよう注意して。
みんなにブーブー言われながら急坂を下って上ってまた下って・・・

地蔵の湯 足湯

無料共同湯、地蔵の湯に着きました。奥の囲いの部分が源泉です。
宿の温泉とは源泉が違うのでどんなだか興味はありましたが、大人数ゆえに個人プレーはできません。足湯で我慢。

滝下通りの旅館

それから別の共同湯を見に滝下通りを歩きました。
この辺りはせがい出し梁造りという伝統的な建築様式の宿が並んでいます。
白壁に黒い梁がいい雰囲気です。どれも創業は江戸中期?らしいです。
この右側の旅館も候補だったんですよ。HPだとよくわからなくて。
実際見るとこっちでもよかったかもって思ったり・・・( = =) まあいづれ。

このあと昼飯に蕎麦を食べて、西の河原公園の露天風呂に伯母らの話の種になるからと入浴してきました。
どんだけ広い露天なのかと期待したけど、まああんなもんでしょう。
あまりに広くてぬるかったしお湯はあまりきれいじゃなかったなぁ。青空の下で開放的ではありましたが。

湯からあがり、帰りのバスの時刻まで少し時間があるからと湯畑そばの喫茶店で一休みすることにしました。
母と伯母のひとりが足が弱いので待っててもらい、残りの連中が宿に置かせてもらっている荷物を取りに行く事になりました。
私は喫茶店そばの酒屋で日本酒の試飲をして自分の土産に物色してるうちに父らが先に宿に行くとおかみさんが忙しい中お茶の用意をして待っててくれてたのです。
そうとも知らずに西の河原から宿の前を寄りもせず通過していった私ら・・・。
思えば朝食時に、散策後帰る前に寄ってお茶でも飲んで(宿の)温泉でも入っていきなさいと言われてたような・・・(ー'`ー;)
荷物を取りに戻った人らだけでもお茶を飲んでいったらと言われたけど、父は湯畑に残してきた母と伯母の事もあって丁重にお断りしたそうな。
母らの足が悪くなければ宿まで呼び戻したんですけど。

おかみさんにはとても申し訳ないことをしました。

バスターミナルに戻り、長野原草津口行きのバスに乗りました。帰りだけあって、今度はほとんどの座席が埋まりました。

バスの乗客のほとんどは特急の自由席乗り場で電車を待っています。
指定席は行き以上に座ってる人がまばら・・・でもグリーン車に乗った人はもっとアレッて思っただろうな。あまりに空いてて指定席とるまでもなかったかなって複雑な気持ちになりますよ、ホント。

特急に乗り込み、母らは指定席券の通りのボックス席に座り相変わらず伯母らと話続ける。
私らは好き勝手にあちこちの席に座る。
あまりウロウロキョロキョロしてたから少し電車に酔う←ばか

途中、中之条駅で下りの普通列車の到着待ちをするとのアナウンスが。

中之条駅にて列車交換待ち

7分ほど停車してたっけな。吾妻線って単線ですから。ホントにノンビリしててのどかです。

車窓

車窓をずっと眺めてるうちにウトウト寝こけてしまいました。
2時間半ほどで上野駅に到着。上野の喧騒に旅行気分も現実に引き戻されます。
駅構内の讃岐うどん屋で夕飯。田舎の伯母ちゃんらも美味いって合格点。遥々来た東京で地元の讃岐うどんを食べるとは思ってなかったであろう。
それでも食べ慣れてる味で少しホッとしたようです。

この日は私もみんなと一緒に実家に帰り、翌日デジカメ画像を駅前のカメラ屋でプリントしてみんなで見て旅の余韻にひたりました(^^;)

重い荷物を持ち歩いたり移動の時間に制約されますが、電車の旅は車と違ってノンビリしてていいもんです。
以前は電車賃の方がガソリン代よりも割高感があったけど今は逆転してる感がありますからね・・・。

今度は電車でどこに行こうか。


この話 終り



2008/06/28

温泉旅行-その2草津温泉

朝の爽やかな四万を満喫する暇もなく早々にチェックアウトして中之条駅行きのバスに乗り込みます。
バス停は宿から歩いてすぐなのでバスの発車時刻を確認して辺りを散策。
すると宿で一緒だったイギリス人のお姉ちゃん二人組みが来てあちこち写真を撮りまくっている。
四万川をバックに交代で写真撮ってるのを見て父が果敢に彼女らに近づき、ジェスチャーでふたりの写真を撮ってやると話したらデジカメを2台渡されてあたふたしてるので私も急いで加わり写真を撮ってあげた。

ふたりのうちのかたっぽが片言の日本語を話すので聞くと今日は東京に戻ってそのまま大阪まで行くそうだ。
何とも元気な(;´Д`)

そうこうしているうちにバスの発車時刻になり、一同乗り込み駅へ向かいました。

吾妻線

バスと電車の時刻はつなぎがよくできてるのね。
駅について人数分の切符を買ってトイレに寄ってるうちに下り電車が来るアナウンスが。
下り電車は階段を登って向こう側。
私がトイレに行ってるうちにみんなは先にホームへ行ってて、早く来いとさらに焦らす。
都内近郊電車みたいに焦る必要ないんですけどね。

中之条から長野原草津口まで駅6つ、30分くらいか。
車内は相変わらずあまり人が乗っていません。途中の無人駅やら樽沢TN(7.2mと日本一短いTN)、八ツ場(やんば)ダムに沈む地域をしみじみ見てるうちに駅に着きました。

長野原草津口駅からまたバスに乗って草津温泉に向かいます。
ここでも乗り換え時間があまり無くてバタバタしちゃいました。

草津温泉のバスターミナルについて荷物をコインロッカーに押し込み、白根火山行きのバスに乗り換えます。これも乗客はうちら一行のほとんど貸しきり状態。
でもそのおかげ?で運ちゃんと志賀草津高原ルートの細かい説明やら世間話やら楽しめました。
すみません、車窓はあまりに景色が雄大ですばらしすぎて見るのに夢中で撮影できませんでした。

白根火山バス停で降りると寒いとは聞いてたけど、本当に寒い(((゛◇゛)))
丁度昼時だったので湯釜を見に行く前にレストハウスにて腹ごしらえ。
父と私はラーメン、他の人はカレーライスを注文。いずれも900円とぼったくりかと思える値段でしたがカレーは具だくさんだし、ラーメンもチャーシューが大きく厚く柔らかい。

チャーシューが美味い

チャーシューが美味しかったから良し。

現場作業用wのヤッケを着込んでいざ湯釜へ。

白根山

風が結構強く、雲行きも怪しい・・・って思ったらポツポツしてきました(;´Д`)
傘なんかさせません(持ってこなかったけど)。ヤッケのフードをかぶって坂を上ります。
下から見たら大した事ないように見えますが、運動不足の私には充分キツかったです(^^;)
息切らして上りつめて後からエンヤコラ上ってくるみんなを撮影しつつ湯釜&パノラマ景色を楽しみました。

湯釜

直径約300m、水深約30mほどだそうです。ph0.86と世界で最も酸性度の高い湖との事です。
活火山とは思えない静かさと美しさです。
撮影してるうちに手がかじかんで動かなくなってきたのでレストハウスまでさっさと戻ります。
レストハウスまで戻るとどしゃ降りの雨が降ってきました。しばらく降ったり止んだりを繰り返してるうちに周りは霧に包まれてしまいました。
帰りのバスでも霧の為景色撮影できず。街まで下りてきたら温かくてホッとしました。

コインロッカーの荷物を回収して宿へ向かいます。バスターミナルから歩いて10分弱ほど。
しかし雨上がりで路面が濡れてるのと細道&急坂なのと車が多いので荷物持ってヨタヨタ歩きの連中の危なっかしい事(~д~*)
湯畑など周りの景色に気を取られ・・・宿が見えた時はホッとしましたとも( ´o`)

極楽館

チェックインして部屋でホッとする間もなく、西の河原公園に行きました。
宿から歩いて10分くらいか。

西の河原公園

ご存知かと思いますが、川っぽいのが温泉なわけで。
程よくぬるくて手がスベスベします・・・しばらくすると酸性ゆえガサガサに荒れますけど。
奥に露天風呂がありますが、翌日に入る事に。止んでた雨が再びポツポツしだしたので宿へ戻ります。

源泉の一部

鬼の茶釜

こんなところもありました。ホントにアチチです。温泉卵が作れそうです。


宿に戻るまでの土産物通りでは温泉まんじゅう屋があってしきりに試食のまんじゅうを配っています。
ボーっとしてるとまんじゅうとお茶が手渡されます。普段ならまだしも、これから宿の夕食を控えているのでここでツマミ食いはマズイ・・・宿を紹介してくれた人によると結構な量の食事との事でオヤツは食べないように(笑 と言われてたので、みんなまんじゅうをもらわないように店先を通過するのに大変。
何人か思わずもらってしまいました(食べたけど)。

夕食まで少し時間があったので温泉に入りました。
ここの宿は大日の湯という自家源泉を持っており、湯温も42度と丁度よく毎分140Lと勿体ない位こんこんとかけ流し、私にとってありえないくらい長湯して楽しみました。
湯船は湯の花が本当に花のように細かくたくさん浮かんでいます。

大日の湯 

大人4人が入って丁度よい、広すぎず狭すぎず。

大日の湯 貸切風呂

こちらは半分ほどの広さの貸切風呂。入ってみたかったけど貸し切りになってて結局入れず。
もっとも、広い方を貸し切り同然に浸かってましたけど。
画像では見えにくいですがお湯がもうザバザバと溢れ流れてます。

コースディナー

温泉からあがったらお楽しみの夕ごはん。
たくさん出るって聞いてたからどれだけたくさん出るのかドキドキ(食べきれるだろうか)。
ここも前日同様に出来たてを少しずつ出してくれるので結構お腹に吸い込まれていきます(笑
最初から全品どっかりと出てきてると見ただけでお腹いっぱいになっちゃいますからね。
ここでもグラスビールを注文。すっかり日本酒よりビールを飲む事が多くなりました。

岩魚の塩焼き

みんなに好評だったのがこの岩魚の塩焼き。
小豆島だと川魚ってあまり食べる事ないのかも!?

手作り刺身こんにゃく

おかみさん手作りの刺身こんにゃく。

てんぷら

天ぷら。キス以外なんだったか忘れちゃいました。

サラダ

ビーフシチュー

サラダに続いてビーフシチュー。
これで結構お腹が満たされたのですが・・・

お漬物とごはん

〆にご飯とお漬物。お腹苦しー
でもって、父や伯母から食べきれないからとオカズが私の元に・・・そうやって食べるから太るんですよね(困

ワインゼリー

お腹パンパンだけどこれは別腹。
すごくおいしかったです。オカワリしたかった~(オイ



腹ごなしに湯畑まで散歩に出ました。
少しライトアップされてて綺麗でした。
金曜の晩だけあって結構観光客がウロウロしています。日が暮れると裏通りの土産屋は早々に店じまいして静かになるのですが、宿泊客がしゃべりながら歩いてくるのが結構騒がしい。

夜の湯畑

日が暮れると気温はぐっと下がります。冷えてしまったので写真撮ってコンビニで飲み物を買って宿に戻り、もう一度温泉で温まりなおしました。

一部屋空いているとの事で急遽私一人用に用意してもらい、早朝に起こされる事も無くグッスリ眠れました。
母らは夜中にトイレに起きた伯母がすったもんだし、早朝も5時頃起き出してバタバタしてた様子。
隣の部屋の父らも目が覚めたようで。ひとり離れた部屋の私は騒動に気づきもしませんでしたが朝日が障子越しに眩しくて目が覚めました。


続く



2008/06/25

映画の座席

え~、旅行記が1日目で止まっている件について
平日はなかなか長文作成できんので、また週末かも!?
家にひとりでいる時じゃないと(旦那が居ると)気が散ってダメなのよ。



今日は久々に映画を観てきました。
インディ・ジョーンズです。まあまあ面白かったです。
途中で腰が痛くなっちゃいましたけど。

いつもポップコーンとコーラのセットを買います。今回初めてキャラメル味を食べました。
・・・美味しいけど食べ続けると甘くなっちゃう(;´Д`) 甘いもの好きだけどすぐ甘ったるくなってしまいたくさん食べられないもので。

こうなる事かと、塩味のとミックスセットを注文しました。キャラメル味で甘くなったら塩味のをつまんで・・・果てしなく食べ続けられそうです(^^;)

途中でカップの底に手を突っ込んで取るのが大変になり食べるのを諦め。
もういらなくなったと勘違いしたダンナが残りを一生懸命に食べてたらしい。
なんだー、もっと食べたかったのよ、私。

チケットを買うときに大体の位置の席を選べるのですが、みんな後ろの席を好んで買うのね。
私も後ろの方の席を選び、いざ座ってみると場内真ん中よりも後ろの方が密集していました。
あまり密集してると映画より周りの人に意識がいっちゃうので、今度から真ん中ややや前よりの席にしようと思いました(スクリーンに対して上を向く感じになりますけど)。

観やすくても席が密集してるのと画面の圧迫感はあるけど周りに人が居ないのとのどちらを取るか・・・いつも悩みつつ後ろの席ばかり選んでしまいます(学習力なし?)