FC2ブログ
2019/06/09

またまたライディングシューズ新調

少し前から履いた時になんとなく違和感を感じていたコミネのライディングシューズ。
昨日セローで出かけるのに履いたところ、ついにアウトソールが剥がれはじめてました。

一昨年の夏に中央道で事故った際に靴の外側のソールが浮いてボンドで補修(ついでにぶつからなかった左足のつま先とソールもボンドで補強)したのにまるで補強しなかったような剥がれっぷり。
ソールの材質がTPR(サーモプラスチックラバー)outsole light weight(アウトソール 軽量) すなわちプラスチックのようなゴムのような樹脂らしいので接着剤との相性もあって剥がれてきちゃうのかなぁ?と思ったり。

約5年は持ったと思うべきか・・・?履き心地は悪くないし他がそれほどボロボロになってないからもう少し持ってほしかった。
また同じのを買っても大して持たなそうだから違うシューズを探すことになりました。

ライディングシューズってソールが薄くツルツルでオンロードモデル向けの商品が多くて、まず厚めのソールのシューズを探すのが大変。

ソールを交換できるガエルネのタフギアにするかなぁ・・・と試着する。
もっと気軽につっかけて履けるやつがいいなぁ。

そしてゴールドウィンの定番シューズと思われるGベクターライディングシューズ。
見た目メッシュシューズかなと思ってたけど真夏用に別にメッシュシューズがラインナップされてるし、こっちは3シーズン向けでしょうか。

ナップスでは好みの色の合うサイズがなかったから2りんかんに移動。
いつぞやの限定カラーの25cmがラスト1足(しかも見本品)のため3割引っつうのを発見。

一応試着・・・履き心地OK。
縫製などの不具合もなし。
グレー迷彩のカラーはちょっと蛇柄っぽいけどまあいいかとお買い上げ。

P_20190609_172349-1.jpg

コミネFTCライディングシューズ 25.5cm
ゴールドウィンGベクターライディングシューズ 25cm
微妙にサイズが違うから試着は必須ですね。

こいつは5年以上は持ってほしいな。

2019/06/02

セローさん砂利道試走へ

セローさんのサスペンションOHの効果をテストしに家からアクセスしやすい狭山湖の林道を走ってきました。

DSCF0580-20191602-1.jpg

ハンドルの角度が微妙に変わってましたので(店に預ける前にチェックしといた)、元に戻します。
フェンダーもノーマルに戻しました。
やはりこのスタイルの方がいいですね。

砂利道試走ということでダンナはBetaさんに乗り、雨が降り出さないかちょっと心配しつつノンビリと狭山湖を目指します。
西武ドームの前を通ったところ、今日はKis- My-Ft2(キスマイ)のライブがあるらしく、「FREE HUGS!」と大きく書かれたTシャツを着たファンのお姉様方がたくさんいらっしゃいました。

ライブいいなぁ・・・余談ですがワタクシは今年3月の愛媛遠征とセローさんのサスOH代で散財したので水樹さんの夏ツアーは不参加であります(T_T)

舗装路では先日感じていたヌルヌル感はあまり感じません。もう慣れてしまった?
右左折やカーブは軽快に走ります(^o^)
狭山湖通りにある狭山湖第一駐車場のY字を左折して砂利道へ。

フロントもリアも路面の様子をよく捉えてくれて不安がありません。
自転車や散策する人がちらほらいたのでゆっくり走ります。初心者でどのみち速度出せませんけど。
舗装路ではあまり気にならなかった車両の重量が砂利道では気になる・・・もう少し軽くできなかったのでしょうか。


恐怖心少なく楽しく走れました。出会いの辻を越えて六道山公園のトイレに寄り、戻りはダンナと車両交換しました。

P_20190602_164531_1-1.jpg

Betaさん、車重がセローさんよりずっと軽いからチャリンコ乗ってる感覚で砂利道を進みます(;´∀`) 軽いは正義か。
ノーマルハンドルがちょっと低いかな~。そのうち少し高さのあるハンドルに替えたいな。


お腹が減ったので林道から外れて近くの山田うどんにて豚汁定食を食べました。

豚汁定食と言えば昔高速道路のSAでの食事は決まって豚汁定食でした。今はどこのSAも小洒落てしまって残念ながらメニューから消えてしまいました(一部残っているところもあるようです)。
ゴージャスな食事はいいから、豚汁定食をどこのSAでも復活してほしい今日このごろ。

帰宅途中、Betaさんが急に吹けなくなり、後にエンジンストール。
もしかしてと確認したらガソリンコックがRESコックになってて、ガス欠やっちゃいました。

ダンナがBetaさんをガソリンコックのある方に車体を倒すように傾けてタンクの反対側に残っているであろうガソリンを集めてエンジン始動OK。
幸いにも近くにガソリンスタンドがあったので助かりました。

なんと5リットルも入りました。スペックでは6リットルらしいから、タンクの形状がフレームを挟んで左右500ミリリットルずつあるのかなと。

RESコックで走行もプスンと止まったら車体倒してあとちょっと走れる・・・リザーブのリザーブというところでしょうか。
車体揺すっても樹脂タンクゆえチャプチャプ聞こえないから注意しないといけないね。

なんとか雨にも降られずに帰宅。

DSCF0583-20190602-1.jpg

次は細いノーマルステップをなんとかせねば。

2019/06/01

セローさん前後サスOH完了

ブレーキマスター替えて走れるようになったので早速セローさんのサスペンションをOHしてもらってきました。

新車の時は両足のかかとが浮くほどのシート高だったのがいつの間にか両足ベッタリと足つきがよくなってまして。

高速道路を走る以外にその辺の道を走ってもアクセルに合わせて前後にピッチングが起きてなんかもうサスがヘタりきり。

今まで色んな車種を乗り継いでますが、サスをOHしなきゃならん事態になったのは初めてです・・・まあ、若くして体重が軽かったとか、外車でパーツのコストがそれなりにかかっていてマシな性能だったとかありますが。
明らか~にセローさんはパーツにコストがかかってないような感じですし。

で、雑誌やウェブから色々オフ車のサスをOHしてくれる店を調べ、ノーマルサスからリプレイスサスに交換したほうがよいのか悩み、どうせ行ったことのないお店に頼むなら家から近い所にしようと予備知識無く相談に行ったのが調布にあるMHプロダクツ。

恐る恐る店内に案内されると昔別のバイク屋で顔なじみだった知り合いと20年くらい振りの再開。
そして彼はここの店のサスのモディファイの実力を熱~~く語ってくれました。
お店の社長と奥様、息子さんの人柄も良かったのでサスOHをお願いしました。

P_20190529_182710-1.jpg

1週間くらいかなぁと思っていたらなんと4日で仕上がりました。
バラしたついでに足回りの細かい汚れもきれいに落としていただきました。
洗っても落ちなかったシートのカビのような汚れもきれいにしていただきました。やはりなかなか落ちなかったそうです(^_^;)

試走したらば、サスの動きがヌルヌル動くと言いますか、トラックから高級セダンに乗りかえたような乗り心地です(わかりづらくてすみません)。
ダンナや常連の知人も試乗。サスがよく動き、ラフに走っても全然怖くないそう。
家に帰るまでにちょっと走り回ってみました。

P_20190529_211727_HDR-1.jpg

中央道を八王子まで乗ってみて、速度をあげると130くらいで急にフロントがブレました。ダンナはブレなかったとの事で、乗り方の問題なのではないかと。飛ばさなきゃいいだけだし、しばらく様子見です。
フロントのフェンダーもノーマルに戻そう。
あと、路面の舗装の継ぎ目やブロックタイヤのブロックひとつひとつのゴロゴロ感がお尻に伝わってきます。右左折は思ってたラインよりも内側をトレースして焦ります。ブレーキングはさらにグッとかけられて怖さもありません。

ダンナは単純に走りやすくなったと言ってましたが、私は路面からの情報が過多すぎて疲れる(乗りにくいわけではない)感じがしました。
オンロードのハイグリップタイヤを新品で履いたグリップ感というか、路面を手でなぞっている感覚というか。

あまりの変わりっぷりについていけず変な感想になりました。後日走りまくって本来のサスペンションの動きに体が慣れてきたらどんな感じになるかですね。
あと、飛ばしてもゆっくりでも走っていて楽でした。社長も知人も言ってた「疲れないよ」というのは確かです。

未舗装路走るより先に長距離テストをしてくるかも。
今までは200キロくらい走ったら疲れ果ててましたからね。どうなるかな~?