--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/15

サービスキャンペーン

某巨大掲示板を見ていたら、この度セローのサービスキャンペーンがあるとの情報が。

調べてみたら燃料ポンプの部品不良とのこと。
我がセローちゃんの車体番号を照合してみると、見事にビンゴでした(ー'`ー;)

サービスキャンペーン詳細

しかし、私のセローよりも前の年式でも以前これと同じキャンペーンやってたような気がするんだけど・・・またやってるって事は改善部品もやっぱりダメだったって事?

今までバイクに乗っててこんなに不具合の出るバイクは初めてだ。
以前は3XV(TZR250R)で一度経験あるけど、ドカでは不具合はなかった。セローというよりは最近のバイク(ここではヤマハ車の事ね)全般で起こっている気がしてならない。

まあ、どれもがインジェクションモデルになって、共通部品を使っているからなのかもしれないけど、車体の溶接や部品の強度が足りないという困った不具合もちょろちょろ出てるわけで。

昔のバイクに比べて最近のバイクって安っぽい部品の集合体だなって思えるのは気のせいじゃなかったのかしらん?


で、サービスキャンペーン開始日は来年の1月以降とのことで、家にハガキが来るのかな。
対策品に交換してもらうまでにAIキャンセルしたのを元に戻しておくか・・・(ΦωΦ)




関連記事

コメント

非公開コメント

Re:サービスキャンペーン(12/15)

納車して間もなく一度燃料ポンプのあたりをリコールで直したと思ったんだけどなぁ・・

また似たようなトコがリコールなんだねぇ。



以前と比べて消費者対策が厳しくなったから、疑わしいだけでも修理しておかないとメーカーも危険だしね。

Hideさん

コストダウンした結果がリコールの嵐では…( ~っ~)

昔は国産車より外車の方が良く壊れたもんですが、最近は逆転して外車の方が品質いいような気がします。

まあ、車体にかけるコストが違うからでしょうけど(車体価格高いし)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。