--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/15

ケース落下防止ベルトの取り付け /  バネット車検見積もり

昨日日記をUPしてから昼間行ったとことは別のホームセンターに行って、荷締めベルトを購入してきました。

荷締めベルト

完成品はロープの長さが1mや1.5mと長すぎるので部品をバラで・・・紐は10cm15円を50cm、バックルが85円、1本コキが35円のしめて195円。
色んな部品がありすぎてどれをどのように組み合わせて使うのがいいのか想像できず、全てダンナに丸投げです。紐と組み合すと何となくイメージがわいてくるような。

アルミ板で自作

車体への固定はどうするの?というのは、金具を自作しました。
画像ではわかり辛いけど紐の厚さ分の隙間の段差もバッチリです。どうやって作ったのかは教えてくれません(-"-;)

完成

完成!
ケースを開ける時はバックルを外せばOK。長さも調整できますし、バックルが邪魔なら下部に位置を変えてもいいし。とりあえずこの状態で使ってみます。

固定の様子

紐の固定状態はこんな具合。




午後からは来月車検を迎えるバネットの検査見積もりをしにディーラーへ。
仕事車なので土曜の夜に預けて日曜の夜に引き取るというお急ぎ?プランの為、前もって消耗部品など必要ないか、チェックしてもらいました。

今回ブレーキ液の交換だけかな~と楽観していたところ、エアクリーナーやバッテリーとリアタイヤがご臨終なのが発覚。
エアクリは別に急がないし、バッテリーは新車時からの物で今年で4年目らしい。そろそろ交換したいところだけどGW中に電圧チェックして維持充電しといたので、もう少しだけ頑張ってもらうことにしても、リアタイヤだけはスリップサインが出かかっててどうにもならん。
もうちょっと走れそうなんだけど、車検的にはアウトなんでしょう。(リアなんでちょっと見にくい)

車検は月末入庫の予約をしたのでそれまでにタイヤ専門店で交換してくるか・・・という話になり、ディーラーの帰りにタイヤ館とオートバックスに寄って見積もりをしました。
ディーラーでも今タイヤのキャンペーンをやっているけど、価格はタイヤ専門店には敵わないだろうなって思っていたのに、見積もりの結果、 

(安) ディーラー <<< オートバックス < タイヤ館 (高)

でした(--;) 今回はディーラーに頼もう・・・。
因みに6月からタイヤの価格が1割位値上がりするそうな。
ギリギリセーフ( -.-) =з

あと細かい所は発炎筒の期限が切れていたから新しいのをオートバックスで購入した。もちろん、期限切れてたって使えるから古いのもそのまま車内に置いとくけど、この発炎筒を電池LEDでピカピカ仕様のに換えてもOKなのだろうか?
普通の発炎筒は燃え尽きたら終りだけど電池式なら(手前の道路に放置したくないけど)車体に磁石でくっつけてしばらくの間ピカピカできるからねぇ。

あっ、電池自体がダメになってていざって時に使えない事もありうるから、それだと普通のと両方常備するようになるか・・・それはそれで面倒かも(なんのこっちゃ)。




関連記事

コメント

非公開コメント

Re:ケース落下防止ベルトの取り付け /  バネット車検見積もり(05/15)

しっかりスッキリ付けられましたね(^^)製品化してたら高いぞコレは!

ワンオフパーツ

愛着湧きますよね♪ しかし今回は企業秘密っすか(ФωФ)

俺もレーザー加工でなにか作ってみようかなー

(作れるものが限られますが)

Hide250さん

私はロック解除ができるタイラップでいいと思ってたんですけど、キッチリ作ってもらいました。 



ぎんさん

挟んでクイッと曲げたそうです。説明しても理解できないと思って秘密にされてた。

レーザー加工ってどんなでも作れるの?

バイクや車のオリジナルパーツ作れるといいね~ 

Re:ケース落下防止ベルトの取り付け /  バネット車検見積もり(05/15)

材料費195円とは見えないくらいですね~。



タイヤは、値上がり前でちょうど良かったですね。

さすがに仕事車はタイヤの減りも早いだろうな~。

ディーラでの見積もりを、タイヤ館に見せれば、値引き

しそうな気がしますが。(^^;

B4_GT-Sさん

あまり値引き交渉が得意でないというか、したくないというか・・・安い店見つけたらそれ以上の事はしませんねぇ。

結局さらに安い店を見つけて後日そこで交換してもらいました。

実はキャラバンの前タイヤも減ってるのよね(しかも運転席側)。来年の車検で換えなきゃならないかも?

痛い出費ですわ。  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。