--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/14

ヘルメットの内装

日曜に新しいヘルメットを被ってセローで少し走ったわけだけど、ヘルメット被って30分位したら左耳の下がピンポイントで痛むのよ。
信号待ちで痛む部分に人差し指を突っ込むとシステム内装が薄くなってて帽体が当たってる!?

ヘルメットを脱いでからもしばらくの間ジンジンと痛む為、翌日仕事から帰宅後、近所の2りんかんに相談に行きました。何気にアライヘルメットのプロショップだったりします。

店員さんに説明すると違うサイズの内装を用意してあれこれサイズ調整してくれました。
私のシステム内装(頭の部分ね)の後頭部パットの縫いつけ処理でプラスチックベース部分がほんの少し出っ張っていてそれが当たるのが原因と判断して、他の物に交換しました。おでこ部分には調整スポンジを貼り付け、システムパッド(頬ね)を標準の20ミリから15ミリに交換。
これで様子見します。1時間位被ってみないとわからないからね。もしかしたらおでこの調整スポンジの厚さを薄くするかもしれませんが。
とりあえず今週末に朝霧高原方面で開催されるヤマハのイベントに行ってこようかと思っています。


今までサイズ調整に悩むことはなかったのですが、このプロショップのフィッテイングカスタマイズサービスはすばらしいですね。
自分で加工しないでお店に相談してよかった。
これでヘルメットによる頭痛よサラバとなってほしいものです。楽しくバイクに乗りたいもんね。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。