鍋のなか 2

バイクや車から日常のちょっとした日記

秩父リベンジ

3日前に一人で秩父に走りに行ったのに、日曜日にダンナを連れてまた行ってきました。

ダンナのTY-Sのシートが硬すぎて1時間も乗ってられない状態…。
ゲルザブも効果薄く、ホームセンターでウレタンシートを買って敷くもうまくいかず、今回は安いクッション買ってきて中身を流用。その耐久テストも兼ねてました。

尻の痛みの状態で行き先をいくつか決めて出発。私としては頑張って早めの出発です(それでも10時くらい)。
新奥多摩街道から青梅を抜けて成木街道で。名栗湖辺りでもダンナの尻は無事らしかったんで秩父へ向かいます。

木曜日にビビリながら走った山伏峠も何とな~く安定して通過。R140に出てさて目標の蕎麦屋を探しながら走るも、行けども行けども見つからず。

それもそのはず、逆方向を進んでいたんですね。道の駅あらかわに着いちゃった。
うり坊を探すも気配なし。(いれば人だかりができるはず)大きく育っちゃったからいなくなっちゃったかな…いるのは夏までってどこかのブログに書いてたし。

お腹も空いたんで蕎麦屋に向かいます。目標の店まで戻るのはやめて三峰口方面に進んですぐの蕎麦屋に入りました。もうお腹空きすぎてたんだもの。

もりそば

丁度お客がたてこんでおり、モノが出てくるまで結構時間がかかりましたが、美味しかったです。
もうちょっと量があるとよかったかな。
ツユもかつおの香りがして美味しかった。ダンナはこれとクルミダレ両方食べてました。濃厚で美味かったそうな。

ここまででもダンナの尻はまだ無事。となればそのへんを走り回らねばもったいない。
砂利道を走るにはまだ装備も勇気もないので以前一人で行った日窒鉱山~八丁トンネル~志賀坂峠のコースへ。
さすがに2台だと不安なく走れますね。1人で初めての道&真っ暗トンネルを走った時の怖さはありませんでした。
道路の気温表示は25度だし、トンネル内は寒いくらいだし、ちょっと足を伸ばしてよかった。
あちこちに川ができていて車体がどろだらけになってしましましたがw

自販機で休憩

八丁トンネルから志賀坂峠に抜ける林道では前回に引き続き砂利や水、枝木と落石にビビリながら降りてR299のとある集落の自販機で水分補給。写真で確認できませんが赤とんぼがワラワラ飛んでいます。走っているとぶつかるんじゃないかってくらいに。
こんなにたくさん飛んでるのみるのは小学生以来だわ。

道の駅ちちぶ

小鹿野の商店街?から秩父ミューズパークらへんを通って道の駅ちちぶでダンナのトイレ休憩。道の駅あしがくぼまで帰りたかったけど閉店時間ギリギリだったんで。

巡礼マップ

秩父は「あの日みた花のなんちゃら」の聖地らしく、巡礼マップなんてのがあった。
アニメは見たことない。そのうちCSで放送されたら見てみようと思う。


わらじカツ丼

昼間の蕎麦が腹持ちせず、空腹にて帰る途中のR299沿いの店に寄ってみた。
小鹿野まで戻る気力がなくここで妥協するも、う~ん、カツが脂っこくて最後のひとくちが入らず(;´Д`)

大きさ比較

大きさ比較。お腹パンパン。バイクが直立気味のオフ車でよかった( ´o`)

店を出る頃にはまだ明るかった道も青梅に出る頃には完全に真っ暗になってしまいました。
ライトに虫が特攻しまくり。実際にはライトには虫はほとんどこびりついておらず、ヘルメットのシールドにつきまくり。夜の峠道は別の怖さも感じるんでひとりでなくてよかったわ(ひとりの時は極力日暮れまでに山を越すか車の通りがある道を帰る)。


河辺のコンビニで糖分補給する頃にはダンナの尻も痛くなった模様。
加工前よりもかなり改善されてるんでないかい?1日走ったら多少なりとも痛くなるものだし、200キロ近くもつなら合格では(-ω-)


関連記事
[ 2012/08/20 23:59 ] バイク | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

どか 鍋

Author:どか 鍋
・2012年2月、こちらで再スタートします。08セロー250に乗るじゃり道初心者ライダーです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


天気予報

-天気予報コム- -FC2-
降水短時間予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター