--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/17

魚沼・奥只見ドライブ その2

宿の窓から

翌朝スッキリ目覚め、頭痛も解消。
写真は宿の窓から。何とものどかな風景が広がります。
朝食は食堂でコシヒカリと朝飯らしいオカズのバイキング。うむ、ご飯美味い。

浦佐駅

チェックアウトしてすぐ横の浦佐駅に向かいます。

角栄さん

そう、ここに田中角栄氏の銅像があるんですね。
新幹線通したすごい御方。
何でこんな何にもない所に駅作ったんだろう?と最初は思ったけど、ここから奥只見へのアクセスがすこぶるよろしいので納得。

道の駅ゆのたに

奥只見ダムへ向かう途中に土産を物色するのに道の駅に寄りました。
ツーリングのバイクがイッパイ。みんな関東ナンバーでした。
このまままっすぐ関東へ帰るのか、奥只見から檜枝岐に抜けるのか…?(後者だったらうらやましい)
ここでは燕三条から出張?の刃物屋さんがあって、植木鋏と草取り鎌、爪切り、爪とぎヤスリなどつい衝動買いしてしまいました(^_^;)

奥只見ダム

奥只見シルバーラインを抜けてダムに到着。
トンネルはかなりエキサイティングでした。シルバーラインの全長22キロ中18キロがトンネルで、トンネル内はあちこち水が湧いてジャバジャバ流れてトンネル内の砂や埃とあわさって車はげしょげしょ。スキー帰りの車のように汚れた。

秘境

山の中のどんつきにあって秘境感たっぷり。

発電所水車ランナ

発電のしくみ

駐車場の隅に発電に使う水車部分が置いてありました。
図のように発電するようです。

ダム

ダムはほぼ満水でした。

湖奥を見る

ダムの奥の方、尾瀬方面は遥か先。
せっかく来たから遊覧船にでも乗りましょうかね。
時間が少しあるので電力館を見学。

ペダル漕いで発電

ポンプ押して発電

発電量

電力館の中はダム建設の資料から発電についてなど興味のそそるものがたくさんありました。
が、ゆっくりそれらを見てる時間までは無く。
こんな発電体験マシンがあったのでふたりで挑戦してみました。

荒沢岳方面

遊覧船に乗ってクルージングを楽しむ。
写真は荒沢岳方面。どこも同じような写真だな。

ざるそば

コシヒカリのおにぎり

岩マス定食

遊覧船の後、土産屋でちょっと遅い昼食。
ダンナは蕎麦とコシヒカリのおにぎり、私は岩マス定食。
岩マス美味かった。

除雪機収納

ご飯の後もオニヤンマを追っかけてウロウロして、ふと変な位置に除雪機が収納されてるのを見つけてまたはしゃいだり。
周りにハシゴが無いからここまで雪が積もるってことでしょ?
すげー!
写真取り損なったんだけど、十日町で消化栓の標識が頭上はるか3m位上にあったのもびっくりしたよ。
消化栓は雪で潰れないようにブロックで囲ってあったっけ。
一度本気で積もってる様子を見てみたい。

奥只見シルバーライン

結局ダムで4~5時間遊んでた。
シルバーラインを通ってトンネル途中の分岐から銀山平方面に出て、銀山平キャンプ場のとこのかもしかの湯に寄って汗を流した。
家に遅く帰ってシャワーは嫌だし、せっかく温泉処があちこちにあるから入らないテはない。

お湯が熱めでまたのぼせて、体を冷ましつつ周辺の雄大な景色にまた遊び出したくなったけど、さすがにもう帰らないとヤバイ時間だったので泣く泣く撤収。しかもR352の枝折峠を通りたいとも言い出す雰囲気でなく (´Д` )
なに、また来ればいいや。

滝のような雲

その割にシェルで給油したいがためにR17を南下して六日町I.Cから高速に乗りました。
県境であろう山々に水が流れてるような雲を見つけたり、ずーっと道沿いにススキが咲いてて夕日に照らされて金色に光ってるのを見て感動しつつ東京へ戻る…。

谷川岳P.A

関越トンネルを抜けると別世界。
霧雨が降っててとっても寒い。1枚着てP.Aで熱いコーヒーを買って飲んだ。
また微妙に頭痛が起こっていたのだが、コーヒーを飲むと頭痛が治まるので薬がわりに飲みながら運転して帰りました。

川越I.Cらへんから50キロの渋滞表示があったんでどうしようかまよいつつ花園I.Cで降りてR254へ。
家に着いたのは23時前だったかな?渋滞参加して帰ったほうが途中で下道に降りるより早かったかも。
さすがに1日はしゃいだからポックリ就寝。

今回の旅はご飯も温泉も堪能できてよかったです。
奥只見方面で行けなかったとこがあるからそのうちまた再訪しようと思ってます。
次回は日数もっと確保して会津高原の方から檜枝岐抜けて行きたいですね。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。