--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/29

長野ビッグハット

昨年の西武ドームの神席の興奮冷めやまぬうちに今年もライブツアーの時期がやってまいりました。
今年は家から近いとこだと富士急ハイランドか横浜スタジアムを選ぶとこですが、小さい箱のライブを体験したく、長野ビッグハットに1点応募、無事当選。
会場から徒歩10分のとこにある旅館も抑えられて初のライブ遠征です。

物販で欲しい物は絶対売り切れる事ないであろうTシャツの為、仕事に行くような普通の時間に起きて中央道を車で向かいます。
前日の天気が大雨で高速も通行止めになったりしたからか、晴れだったら渋滞する区間もこの日はスイスイ。
車内でライブDVDを再生しながら徐々にライブ脳へシフトしていきます(*´∀`)

八ヶ岳P.Aで休憩。
コンビニのオニギリよりもここの焼きたてパンを朝食にしたかったな~(ちょっと距離ありすぎ)。
バイク用駐輪スペースに止まってたモンスターS2Rを懐かしむように眺めて、運転交代して出発。
予定では安曇野I.Cで降りて大王わさび園のわさび丼を昼飯に。
中央道の急坂も越えたし、安曇野までちょいペース上げて何とか予定の30分遅れで昼飯にありつけました。

わさび丼

ちょいと寝不足気味でご飯がなかなか喉を通りません(-_-;)
昼飯の時間にしてはちょっと早いし、晴れて蒸し暑いのもあるかも。

わさび園を出発して、以前から走ってみたい川沿いクネクネ道のR19で長野へ。
塩尻から木曽へ向かうR19を想像してたら、こちらは集落の間を抜ける普通の道でした。
他の車はどの道を走ってるんだろう?って位車が少なかったです。自分の前後に全く車がいなくて、時々何台かとすれ違うくらい。バイクだともっと楽しいかも。

道の駅信州新町にINN。さてちょっと早めに着いちゃったぞ。ここで時間潰すのも少々混んでて狭いし落ち着かない。
そういえば途中で化石館とか何とかいうのがあったな。
そこに行ってみるか。

信州新町化石博物館

この辺りは昔海だったそうで、色々な化石が展示されていました。
隣の美術館や有島行馬記念館も続けて見て、宿のチェックインの15時ギリギリまでいた。
宿までちょっと焦って向かう。R19バイパスからR18へ。ビッグハット方面は雲がきれて晴れ間が広がってる。
水樹さんの晴れ女パワーどんだけなんだよ( ゚д゚)


15時ちょい過ぎに宿に到着。
そそくさとチェックインして部屋でひと休み。少し横になれる時間があるのはありがたい。
同じライブ参加者の宿泊者と一緒になり、ちょこっと会話もした。でもそもそも人見知り激しい私はそれ以上は絡まなかったな。

会場時間になったのでライブTに着替えて出発。
途中で物販を済ませた人らとすれ違い、ビーチタオルやTシャツをチェックする。

長野ビックハット

会場到着。綺麗な建物だ。

物販売り場にて

物販はライブパンフ、マフラータオル、ビーチタオル、Tシャツを購入。
今回のライブパンフは内容良かった!ちょっとアダルトなエロいカットがあったのも良かった(笑
全体的に彼女のライブグッズは男性ファンが多いせいかオットコ前なラインナップでしてね、もうちょっと彼女らしいモノ(手書きの何かとか)が入ってると尚いいのになって毎回思います。


会場内は思ったよりも狭くて良かった。席はアリーナ10列目でステージも花道も近いし、楽しかったわー(*´∀`*)
座席は相変わらずパイプ椅子で狭いけど隣の青年が礼儀正しいし、荒ぶってジャンプもしなかったし快適でした。ダンナの隣の少年はダンナの足を踏んでも謝りもせずにごまかしたり(武藤敬司ばりの髭面だったので怖かったのか?)と色々不快だったらしい。ま、子供すぎるのもコミュ力なくてね・・・。
まあ、ピザや汗臭い人が近くに居なかったからいいとしましょう。

ライブ自体はすごく良かった!
狭い会場の魅力を知ってしまった感があって来年以降やばい・・・また遠征しちゃうかも!?
願わくば普通のホールでちょこちょことツアーやって欲しいけど、スケジュール的にツアー期間をあまり長くできないんだろうなー。

銀テープ

最後に天井から直筆メッセージ入りの銀テープが巻かれ、回収しまくりました。

ライブ終了後、近くのくるまやラーメンで夕食を済ませ、宿で広い風呂にノビノビ浸かって汗を流して就寝。
今回はペンライトの振り方を工夫したので筋肉痛は回避できました(^O^)

関連記事

コメント

非公開コメント

わぁ〜
懐かしい!大王ワサビのワサビ丼一緒に食べたよねっ!

>こなつさん

味噌汁ひっくり返した事は忘れません(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。