FC2ブログ
2019/11/09

初林道ともろもろ

10月27日にクロスパーク勝沼で開催のオフ・アスレチックに参加してきました。

春に開催された第1回から気になってチェックしてまして、今回無謀にも参加申し込み。
オフロード用の装備をほぼ持っていなかったため、主催者にメールで問い合わせすると現状で持っている装備でもよいと返信をいただきました。
しかし、ほぼ転ぶオフロードにおいてジーンズで行くのもどうかと思い、参加を申し込んだ勢いでモトクロスウェアを買いにダートフリークの本社、瀬戸まで行ってきました。

というのも、お尻の大きい私の履けるサイズがその辺のお店で売ってなくて、まずサイズがどれくらいかわからないし、ネット通販だと返品効かないしで瀬戸まで行けばいくらなんでもあるだろうと・・・(;´Д`)
新東名高速も走ったことないし、多治見の友人に久しぶりに会えたらいいかなと軽いノリで家を出ました。

新東名高速は単調でしたが非常に走りやすくて、いつも名古屋方面へは中央道を利用してましたが疲れ方が全く違いました。
ガソリンの減りも違うし、移動に重きを置くなら新東名がよいですね。

ダートフリークではモトパンを買って、日曜の早朝に帰宅して仮眠して午後、今度は川越のRSビートルへ行ってお店の人に色々相談してシャツとチェストガードを買いました。
RSビートルに私の尻サイズのモトパンが実は在庫してたよ・・・瀬戸より先にこっちに行けばよかった。



前置きが長くなったけど、そんな感じでイベント前日に甲府のビジホに前泊して当日8時頃会場に到着。
ウェア着たりバイク降ろしたり色々準備があるのにゆっくり過ぎて準備もままならないうちにミーティング。
9時から林道体験ツアーに参加するからバタバタ支度して落ち着かないまま出発。

まともに未舗装路を走った事がないのでとても不安でしたが、プロのライダーさんのサポートがついてくれて心強かったです。一緒にツアー参加した方も優しい人ばかり。

PA270009-1.jpg

まず会場から町へ降りるのに水たまりだらけのダートを下りまして、おっかなびっくりここでウォーミングアップ。
後ろからダンナに「立ってみろ」と言われてスタンディングしたらば車体が安定して感動。町に降りるまでにすでに汗びっしょり。

まず連れていかれたのは道の駅花かげの郷まきおかの裏の山のどこかの林道。
後にグーグルマップで確認したけど、どこ走ったかわかりません('◇')
脇道にそれてまっすぐ進んで坂を上って、じきにダートになり石ころゴロゴロ、台風で水が流れてできた溝やらコケやら出現します。
絶対私の判断では走らないような道になり、スタンディングするも腿や膝がプルプルして長時間立ってられません( ;∀;)
メンバーの誰かが転ぶのを見るたびに戦慄がはしります。

PA270033-1.jpg

体験ツアーでスタッフさんに写真を撮ってもらえるのですが、まあヘッポコ走りでお恥ずかしい。
これ、立ち疲れて座って走行してますわ。もうね、いざとなったら二輪二足で進もうと思ったくらい憔悴しました。
息切れしてスクリーンが曇って前が見えなくなり、スクリーンを上げようと思っても立ってて手離せないし。
オフ走行は汗かくと聞いてたのを身をもって体験。

1本目林道は行き止まりでピストンでした。
今来た道を下るのか・・・クレバスが斜めに走ってたり折れた木が下がってたり、下れる気がしないってヘルメット内は冷や汗ダラダラでした。
前を走るメンバーに離されるもゆっくり下って合流。2本目の林道へ移動します。

クリスタルライン県道219号を上がってコーナーの途中で細い道に入っていきます。入ってすぐに若干急坂になり、未舗装路になり~の日陰で湿って少しコケ生え気味の道を延々と上っていきます。
今度は完抜きするといいな~とドキドキ進むも、開けたところで休憩。
道はその先に続いてましたがどうなってるのかわからんし、見に行く余裕もなかったです。
ここでメンバーさんに携帯タイヤゲージをお借りしてタイヤの空気圧を落とします・・・普段走る圧から適当に抜いて走ってたので。

ダンナのベータさんは当日いきなりバッテリーが不調になり、エンストする度にキックでエンジン始動してグッタリしてます。
かかりの悪さにサポートの方にキックしてもらったり、押がけで何とか行程をこなします。

PA270055-1.jpg

休憩後、来た道を下り会場へ戻ります。コケだらけの道にビビりながらエンブレで下りた。怖い目に遭ってもOHしたサスなら何とかなる・・・と暗示かけたり(~_~;)
舗装路に出たらホッとしましたわ。ああなんて楽なんだろうって。

PA270069-1.jpg

会場までは水たまりだらけの林道を上って行きます。さっき走ってきた林道に比べるとフラットで恐怖心はそれほどでもなく、大きい水たまり真ん中をバシャーと走ってみたり。

とってもお腹が減りました。
朝買っておいたコンビニのおにぎりが美味かったです。

午後からは特にスクールを申し込んでいなかったのでフリー。
コースを走る人を眺めて様子を見るもコースは泥んこのネチョネチョになってるではありませんか(-_-;)
スタートしてすぐの急坂のネチョネチョにハマって撃沈する人々を見てビビる。
勇気を出してチャレンジするも走った事ないフカフカダートにタイヤをとられて失速していく・・・見ちゃいけないのに泥沼をチラッと見たらそっちにリアタイヤがズルっと滑り落ちて撃沈。
何とかセローを起こしたけど移動できん。サポートの人に手伝ってもらって一度坂を戻ります。

戻って休んでいるとしばらくしてダンナが一周してきました。茹でダコのように真っ赤な顔して汗びっしょりではちきれんばかりの笑顔でした。
2回ほどすっ飛んで転んでキックでエンジンかけるのにボロボロになった様子。でも楽しくてたまらんと。
楽しいのに足がつって力が入らんって事で走行をやめて試乗車のBetaさんを眺めたり、トラ車を試乗させてもらったりでダラダラ過ごしてました。

DSCF0601-1.jpg

DSCF0600-1.jpg

DSCF0602-1.jpg

DSCF0607-1.jpg

トラ車用の試乗スペースなんかがあって、足が踏んばれないといいつつダンナが試乗してました。


本コースやアスレチックエリアでの走行はほとんどしなくて何しに行ったんだって感じですが、自分では気づかない色々な情報を得られたので参加してよかった。

オフの乗り味検証どころではなかったのがちょっと・・・。
イメージが残ってるうちに近場の林道に行けるといいなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント